おすすめ記事土日休みのメリット
介護職でも土日休める!って本当?

どのようなメリットが土日休みにはあるのか

土日休みのメリット


先々の計画を立てやすい

土日休みの職場で働くメリットとしてまず挙げられるのが、「スケジュールを立てやすい」ことです。休日が平日になる可能性の高いシフト制勤務だと、先々の予定が分からないためスケジュールを立てられません。学校や多くの会社は土日休みですので、自分も土日休みなら家族や友人と都合を合わせやすくプライベートを充実させられます。また、運動会や学芸会など学校で開催されるイベントは土日に行われることが多いため、子どもの成長に直接立ち会えます。冠婚葬祭などの重要なイベントも土日に開催されることがほとんどです。イベント以外でも、小さい子どもがいる家庭にとって土日休みは大きなメリットがあります。子どもと多くの時間を共有できるため、寂しい思いをさせずに済むでしょう。
平日休みの職場だと、土日休みの人と予定を合わせることができません。イベントに参加することもできず、相手だけでなく自分も寂しい思いをすることになります。土日休みならそういった心配がありません。

先々の計画を立てやすい

連休がある

土日休みということは、週に1度は必ず「連休」が発生します。まとまった時間を得られるため、平日にはなかなか手を付けられない家事をこなしつつ、身体を休めることができます。また、祝日が月曜日にくる場合は3連休を楽しめます。ゴールデンウィークやお盆は、年によっては大型連休になる可能性もあります。大型連休になれば普段はできない旅行なども楽しめます。
シフト制の場合そうはいきません。休みのタイミングがバラバラなので疲れを癒しにくく、外に遊びに行く機会も減るでしょう。

生活リズムを保てる

「生活リズムを整えやすい」点も見逃せません。小さい頃は誰もが「月曜から金曜まで学校に通い、土日は休み」というリズムで生活していたはずです。つまり、多くの日本人は土日休みのリズムが身体に刻まれているのです。そのため、土日休みの職場で働けばそのリズムを崩すことなく、心身の調子を整えながら日々を過ごせます。
シフト制で休みが固定されていないと、どうしても生活リズムが乱れがちになります。生活リズムが崩れると体調は悪くなり、回復も遅くなります。また、一緒に生活する家族が土日休みの場合、自分だけがシフト制だとせっかくの休日でも休んでいる気にならないというデメリットがあります。
このように、土日休みには多くのメリットがあります。特に、家庭を持つ人は土日休みの職場で働くメリットが大きいので、育児と仕事の両立を目指すのであれば土日休みの職場で働くことをおすすめします。

土日に休みが欲しい方へ

あなたにおすすめのこのサイトの記事
あなたにおすすめの関連ニュース