おすすめ記事サポートが充実している「きらケア」
介護職でも土日休める!って本当?

土日休みの介護施設を探す際の注意点

転職先を探す際の注意点


しっかり確認しておこう

介護施設は24時間365日稼働しているため、土日休みの職場はないと思っている人も少なくないようです。しかし、施設によっては土日休みの場合もあります。家庭の事情などで土日は働けない人もいるかと思いますので、そういった人は土日休みの職場を探してください。以下に、土日休みの職場に転職する際に注意すべき点を紹介していきます。

しっかり確認しておこう

施設のサービス内容を確認

まず、「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「サービス付き高齢者向け住宅」などの施設は時間や曜日に関係なく出勤が必要なので避けてください。土日休みの職場に転職するのであれば、「デイサービス」「デイケア」「訪問介護」が候補となります。
ただし、土日休みの施設でも今後の方針によっては土日もサービスを提供することになる可能性があります。介護保険制度は状況に応じて改正されていき、その度に介護保険料の金額が変動します。そのため、少しでも利用者を獲得するために土日も営業する方針に切り替えることもあります。「お泊りデイ」など夜勤が発生する施設も存在するため、このまま同じ内容のサービスを継続する予定かどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

事前に伝えておくことが大切

面接時に土日は働けないことをしっかり伝えておきましょう。そうしておかないと、土日に人手が必要になった場合に頭数にカウントされてしまいます。また、複数の施設を運営している企業の場合、異動が発生して土日出勤の職場に移る可能性もあります。そのため、事前に土日はNGであることを伝えておく必要があります。
また、土曜は営業して日曜のみ休みの施設もあります。デイサービスや訪問介護でも、土曜は営業している場合が多いです。完全に土日休みの職場を探すのが難しい場合、日曜のみ休みの職場も候補に入れて探さなければなりません。その場合は、上記で述べたように土曜は出勤できないことを面接時に伝えておきましょう。多少であれば土曜出勤が可能なら、その旨も伝えてください。

長期的に働いていく場合

子育てや親の介護など家庭の事情で土日は働けない場合、ある程度の区切りが付けば土日も働けるようになります。そのため、事前に交渉して土日休みにしてもらった人はどのくらいから土日も働けるようになるのかを計算しておきましょう。事業所側としては、土日も働ける職員が少しでもいた方が当然ながら嬉しいはずです。将来的にキャリアアップやスキルアップをしていきたい人は土日も働ける環境を作っておきましょう。

土日に休みが欲しい方へ

あなたにおすすめのこのサイトの記事
あなたにおすすめの関連ニュース