おすすめ記事転職エージェントを利用しよう
介護職でも土日休める!って本当?

土日休みのデイサービス・デイケアの仕事内容

デイサービス・デイケアの仕事内容


デイサービス

日中に利用者を迎え入れて、食事や入浴、機能訓練などのサービスを提供するのがデイサービスです。自宅で生活する高齢者を対象としているため、ほとんどの施設では送迎サービスを行っています。朝、利用者の自宅に迎えに行き、送迎車に乗せて施設まで送ります。施設に着いてからは食事や排せつの介助、入浴介助などを行います。あらかじめ決められているスケジュールに沿って業務を進めていくためテンポよく仕事をこなしつつも、安全面の配慮を忘れてはいけません。外出することもあるため、その際には移動の支援も行います。
また、デイサービスは社会的孤立の解消や生活の活性化なども目的としているため、社会活動の一環としてレクリエーションを実施します。食事や入浴だけでなく、職員や他の利用者と積極的に交流を図り楽しい時間を過ごしてもらえるようにしなければなりません。最近は、凝った内容のレクリエーションを提供する施設が増えています。今までは折り紙や絵手紙、体操やカラオケ、園芸などが主流でしたが、その他にも地域交流イベントの開催、軽作業で収入を得るなど、あらゆるレクリエーションが用意されています。そのため、デイサービスで働く職員はレクリエーションの企画・運営も重要な仕事の1つです。多くの職場では、職員が持ち回りでレクリエーションを提案しています。利用者の状態を観察しつつ、適切な内容を考案します。

デイサービス

デイケア

デイサービスでもリハビリを行いますが、よりリハビリに特化した施設がデイケアです。リハビリの必要性が高く医療的ケアが求められる高齢者が利用します。介護職員の他にも、理学療法士や作業療法士などが在籍します。数時間のみの短時間利用も可能ですが、デイサービスと同様に送迎サービスを利用して日中を過ごす高齢者が多いようです。そのため、事業所によっては食事や入浴を提供していることもあります。介護職員の主な仕事は介護業務ですが、医療や理学療法の知識があるとより働きやすくなります。
また、認知症の高齢者を対象とした、認知症対応型通所介護もあります。比較的小規模な施設であり、利用者が落ち着いて生活を送れるような環境が整っています。こちらは認知症ケアに興味がある人におすすめです。

勤務形態

日中のみの勤務なので、一般的なサラリーマンと同じような勤務形態になります。夜勤がないので生活リズムを保ちやすいでしょう。また、ライフスタイルを重視して働きたい人にもおすすめです。営業時間があらかじめ決まっているので残業も少ない傾向にありますが、急な欠勤や退職者が出た場合には残業が発生します。手当などの詳しい内容は事業所によって異なるため、面接時に確認しておきましょう。

土日に休みが欲しい方へ

あなたにおすすめのこのサイトの記事
あなたにおすすめの関連ニュース